当て逃げ事故で使える自動車保険と使用上の注意

当て逃げ事故。自分が被害者になると腹立たしいですよね。賠償責任を負うべき相手がわからずに損害だけ残る……。

そんな当て逃げ事故に使える自動車保険はあります。運転者や同乗者が死傷した場合に使える搭乗者傷害保険と人身傷害保険、車両の損害を補償する車両保険です。

相手に過失があるのに、自分の保険だけでまかなわなければいけない。腹立たしいことですが、背に腹は変えられません。ただし、当て逃げ事故で自動車保険を使う場合に注意しなければいけないことがあります。

搭乗者傷害と人身傷害はノーカウント事故

自動車保険を使うか使わないかを決める重要なポイントがノンフリート等級。支払われる保険金が少額なのに、等級ダウンして翌年以降の保険料が割増になって損をするケースが有りますから。

搭乗者傷害保険や人身傷害保険を適用した場合、等級はダウンしません。ノンフリート等級制度でノーカウント事故と定義されているので、使っても等級はそのままとなります。ですから、保険料にデメリットはありません。

事故の被害者となった場合に、自分や同乗者が被った損害に対しては、事故の相手が加入している自賠責保険、対人賠償保険から保険金が支払われます。過失割合によって生じる自己負担分については搭乗者傷害保険や人身傷害保険で補償を受けることになります。

相手が特定できていない当て逃げ事故の場合は、相手が加入している自動車保険から補償されることはありません。自分に過失がなかろうと、自分自身で契約している保険から補償を受けなければいけないのです。ですから、自分自身や同乗者のために、搭乗者傷害保険や人身傷害保険は加入しておいたほうが良いと思います。

車両保険は“ほぼ”3等級ダウン事故

車両保険は、対物・対人事故、自損事故でも使うことができます。相手のいるいない関係ないので、当て逃げ事故でも利用することが可能です。

ただし、当て逃げ事故で車両保険を使った場合は3等級ダウン事故と定義されており、3等級下がることに。自分に過失がなくても、翌年以降の保険料にデメリットが生じてしまいます。

厳密に言えば、1等級ダウンの場合もあります。車両保険を使って1等級ダウンとなるのは、盗難やいたずら、騒じょう等にともなう暴力行為・破壊行為と、火災、台風など自然災害による損害。当て逃げで当てはまるとすれば、盗難やいたずらのような人為的なものです。

ただし、1等級ダウンになるためには、警察に届け出をして、事故証明書の発行が必要となります。また、重要なのは、相手を特定する必要があるということ。ノーカウントではなく1等級ダウンということを考えると、ハードルが高い気がしますね。しかも、相手が特定できれば、自分の車両保険を使わなくて良い可能性が高いですし。

当て逃げなのにどうして車両保険は等級ダウン?

当て逃げ事故における車両保険の取り扱いは、かなり厳しい印象を受けます。どうして当て逃げで自分に過失がなかったとしても、車両保険を使うと3等級もダウンしてしまうのでしょうか。

それは、当て逃げなのか、虚偽申告しているのか、判断が難しいからです。

例えば、運転中に他人の自動車にぶつけてしまい、こっそり逃げた。修理費用が高額になりそうだから車両保険を使おうと考えました。もし、当て逃げ事故だとノーカウントで等級に影響がなかったとしたら、どうするでしょう?おそらく、ほとんどの人は「駐車場に停めている間に、ぶつけられていた」のように申告するのではないでしょうか?

このように、損害保険会社が真実を確かめることが難しいので、車両保険は自分にも過失のある対物事故や対人事故と同じ扱いとなるのです。

結局のところ、車両保険は、どういった事故のシチュエーションであっても、使うかどうかの判断が難しい。当て逃げ事故を想定しても、使わないほうが良いケースも多々あります。こすられた程度なら自己負担のほうが損はしません。

当て逃げ事故は、避けようと思って避けられるわけではありません。でも、当て逃げの被害にあい、自動車の修理に保険を使えば等級はダウンするし、使わなければ自己負担が発生する……。腹立たしいことなんですが、いたし方ないのかなと。

あきらめきれないのであれば、犯人の特定に注力するしかないですよね。現実的にかなり厳しいですが。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。