玉突き事故に巻き込まれた場合の過失割合は?

信号待ちで一時停止中や高速道路の渋滞時などで、巻き込まれることのある玉突き事故。

巻き込まれた場合の過失割合はどうなるのでしょうか?

一般的に追突された側の過失割合はゼロ

一般的に、追突された側に過失はなく、過失割合はゼロとなります。

これは先頭にいる自動車もですし、間にいたことで玉突してしまった自動車もです。基本的には追突した車両の過失割合が100になります。

一般的にというのは、然るべき理由で停止もしくは徐行している状況で、追突された場合です。つまり、信号待ちで一時停止していたり、交通渋滞で徐行している場合はこれに当たります。

逆に、停止、徐行する然るべき理由がなかったと証明されると、追突された側にも過失が生じます。

玉突き事故に巻き込まれて過失が発生するケース

前方不注意で急ブレーキをかけたところ、後方車両から追突された。十分な車間距離をあけておかなかったために、前方車両のブレーキで急ブレーキを踏んでしまった。

こういったケースでは過失割合が生じてしまいます。このケースでは、巻き込まれたのか、巻き込んでしまったか微妙なところですね。

例えば、3台の自動車で玉突き事故が起こってしまったとします。前と真ん中の車の運転に落ち度はなく、単純に後の自動車が突っ込んできた場合の過失割合は、後の自動車が100で他はゼロです。前、真ん中の車両への賠償責任は後の車両にのみ出てきます。

では、真ん中の車両が不注意で急ブレーキを踏んだことで玉突き事故になったら、どうなるのでしょうか?

この場合は、真ん中の車両(の運転者)にも過失が生じます。そのため、前と真ん中の車両や搭乗者の損害は、真ん中と後の車両(の運転者)が補償しなければいけません。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。