契約者と記名被保険者の違いは何?

損害保険会社のWEBサイトや資料なんかを見ていると、契約者と記名被保険者が出てきます。

自動車保険にかぎらず保険には契約者と被保険者があります。言葉でなんとなく想像はつきますが、どう違うのでしょう?

契約者は保険の契約者、つまり保険を申し込み、保険料を支払う人です。被保険者とは、保険の補償(保障)対象となる人のことです。

同じことだと思うかもしれませんが、これは具体的な保険を考えれば違いがわかります。学資保険の被保険者は子どもですが、保険料を支払う契約者は親になりますよね。つまり、契約者=被保険者とならないことがあるので、区別されているのです。

自動車保険の記名被保険者

被保険者はわかりましたが、自動車保険の記名被保険者とはどう存在なのでしょう?

記名被保険者とは、保険証券の賠償被保険者欄に記名する被保険者となります。自動車保険は人ではなく、車両に対して契約、加入します。その契約車両を主に使用する人を記名被保険者に記入するのが一般的です。

自動車保険の場合は、保険や特約によって被保険者が複数になることが多いので、区別するために記名被保険者を設定します。

主に運転する記名被保険者の運転歴や事故歴によって、損害保険会社が保険金を支払うリスクが変わるので、保険料が変わってきます。免許取得したばかりのドライバーと運転歴20年で無事故の優良ドライバーでは違いますよね。

また、記名被保険者によって補償対象が変わります。対人賠償保険や対物賠償保険では、記名被保険者の配偶者や同居の親族、別居の未婚の子が補償対象となります。

ですから、記名被保険者を設定する必要があるのです。

契約者が誰かはさほど重要ではない

契約となると、契約者が重要と思うかもしれません。でも、自動車保険では契約者よりも(記名)被保険者が重要です。上記で書いたように、記名被保険者によって補償対象が変わってくるからです。

しかも、補償対象は年齢にかぎらず、記名被保険者との関係性によるものがあるので、加入後も注意しなければいけません。

結婚や転勤で家を出れば、同居の親族にならなくなってしまいますし、別居している子どもが結婚すれば別居の未婚の子にはならなくなります。

加入時点の関係性で補償対象が決まるわけではなく、事故時点の関係性で補償対象が決まります。ですから、被保険者の範囲はきちんと把握しておくようにしましょう。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。