廃車にする時に自動車保険は解約したほうが良い?

自動車を廃車にする場合、廃車手続きが必要になります。

陸運局に行ってナンバープレートを返納し、抹消登録をおこないます。スクラップにする場合は、永久抹消登録です。

廃車手続きは当然として、自動車保険はどうすれば良いのでしょう? 満期までほうっておいても問題ないのでしょうか。それとも、途中解約する必要があるのでしょうか。

保険の残存期間によっては、解約返戻金を受け取れる可能性がありますし、途中解約するようにしたほうが良いと思います。

自賠責保険は廃車後に解約できる

自賠責保険を解約するには、契約した損害保険会社で手続きをします。

自賠責の解約手続きは、廃車手続き後でなければできません。手続きに登録事項証明書または抹消登録証明書という、 抹消登録をおこなった際に発行される証明書が手続きに必要となるからです。

他に、書類では自賠責の保険証券である自動車損害賠償責任保険証明書が必要。 登録事項証明書(抹消登録証明書)に記載されている所有者の認め印と振込先口座も必要になります。

自賠責は1ヶ月以上の残存期間があれば、期間に応じて解約返戻金を受け取れます。いくら戻ってくるかは、損害保険会社や代理店の窓口にある 自動車損害賠償責任保険解約保険料表で確認できます。

任意保険は廃車前に手続き可能

任意保険は廃車手続きが完了する前に、解約手続きできます。

自賠責保険と違って、抹消登録の証明書類は必要ないからです。事前に手続きできますが、解約日は廃車日になります。

任意保険の解約手続きは、損害保険会社所定の書類に記入すれば良いので、自賠責保険よりも簡単です。ただ、電話で連絡しなければいけない会社が多いです。

保険契約の残存期間によって解約返戻金が受け取れるのは、自賠責保険と同じ。ただ、任意保険の解約返戻金は、短期率という係数を用いて算出、金額は単純な月割金額よりも低いです。

任意保険は中断証明書の発行を

任意保険では、解約手続きだけでなく、自動車保険の中断手続きをおこなうようにしましょう。中断証明書を発行してもらうと、通常で5年間、ノンフリート等級を引き継ぐことができます。

中断手続きをおこなわないと解約から7日間経過すると保険契約が失効し、再び自動車保険に加入する時に新規契約と同じ扱いとなりノンフリート等級は6等級になります。ちなみに、6等級未満のデメリット等級の場合は13ヶ月間は手続き関係なく、等級継承します。

ノンフリート等級で保険料の割増、割引率が異なってくるので、当面は自動車を運転する予定がなかったとしても、中断証明書の発行手続きはしておいたほうが良いです。

中断手続きをおこなうには、自賠責保険の解約と同じで登録事項証明書など廃車を証明する書類が必要。結局、自賠責にしろ、任意保険にしろ、自動車保険を途中で解約する場合には、手続きはちょっと面倒です。でも、必ず手続きするようにしてください。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。