自動車保険の弁護士特約は必要?保険料はどのぐらい変わる?

弁護士特約(弁護士費用特約)とは

弁護士

弁護士特約(弁護士費用特約)とは、弁護士に委任して損害賠償請求の交渉をおこなう場合に、訴訟費用や弁護士報酬などの費用を損保会社が支払う特約です。

被保険者に過失がまったくなければ、損保会社は示談交渉をおこなう必要がありませんし、できません。当事者ではないので示談交渉の代行となり、弁護士法により損保会社はできないのです。

損害賠償金の請求交渉を自分でできないのであれば弁護士に依頼することになり、その場合に弁護士特約を使うことにより、弁護士費用を負担せずに示談交渉や訴訟を弁護士に委任することができるのです。

加害者の立場になった時に使うことはない

弁護士特約は、被保険者が加害者の立場になったり、過失割合が少しでもある場合に使うことはありません。使うのは過失割合が10対0で被保険者に過失がまったくないケースです。

少しでも被保険者に過失が生じると、損保会社は保険金を支払わなければいけません。相手方と示談交渉をおこなう当事者の立場になります。

ですから、示談交渉でわざわざ弁護士に依頼する必要性はありません。優位に進む進まないはありますが、交渉自体は損保会社の担当者がしてくれるので。

弁護士特約は必要か?その必要性を考える

弁護士特約を付ける意味、必要があるのでしょうか?

被害者という立場になった時、相手方は賠償金を減額しようとあれやこれやと言ってきます。

損保会社も相談にはのってくれるかもしれませんが実際に行動はおこしてくれません。法律で決められていて、代わりに示談交渉できないので仕方ありません。

実際に負傷していて万全な状態じゃないかもしれません。法律に詳しくないかもしれません。その中で一人で対応するのは精神的にもきついでしょう。頼りにできるのは弁護士ということになりますよね。

また、弁護士に示談交渉の時点で依頼することで、賠償金が増額されるかもしれないというメリットもあります。

弁護士に委任するメリットを考えると、そのケースを想定して弁護士特約を付けておくことは必要だと思います。

弁護士特約の保険料はどのぐらい?

弁護士特約を付けようとしたら、だいたい年間保険料に2,000円ほどかかります。

保険料としてはあまり高くないので、付帯する人は多いようです。でも、付帯する人はかなり増えているものの、実際に利用する人は多くないとのこと。

契約内容がよくわかっていなかったり、弁護士に依頼=訴訟になると考えて、訴訟までにはしたくないと考えて利用していなかったりというのがその原因です。

年間2,000円ほどを追加すれば付帯できる弁護士特約。付帯して安心できるのであれば、この金額は高くないと思います。

弁護士特約の範囲

弁護士特約の範囲ですが、補償対象となる人はほぼ各社一緒で以下の人が補償対象となります。

  • 記名被保険者
  • 配偶者
  • 同居の親族
  • 別居の未婚の子
  • 契約車両の搭乗車
  • 契約車両の所有者

複数の車両に付けても、記名被保険者とその家族は補償が重複してしまうので注意してください。かといって、1つにしか付帯しないと、家族以外の人が乗っていた自動車に弁護士特約を付けていなければ、搭乗者は補償対象外となってしまいます。

家族以外の人も乗るケースが多いのであれば、複数車両に付帯しておいたほうが安心ですね。

対象となる事故は、基本的に自分に過失のないもらい事故のようなケースですが、詳細は損保各社によって異なります。

例えば、契約車両に搭乗中の事故しか補償されないところもあれば、自動車に乗っていなくても交通事故で被害にあった場合も補償されるところもあります。

自動車保険を契約している損保会社のサービスを確認するようにしましょう。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。