「人身傷害保険」と「搭乗者傷害保険」は似ているようで結構違う

人身傷害保険と搭乗者傷害保険。

セットで紹介されることが多く、「違いがわからない」という人も少なくありません。しかし、この2つの保険、補償内容や保険金の支払われ方に大きな違いがあります。

重複する補償範囲があるので、一方だけ加入するのでも良いかもしれませんが、それぞれの特徴を把握した上で選ぶと良いでしょう。

人身傷害保険とは

人身傷害保険は、契約車両に搭乗中の事故、バスやタクシーに乗っている時や歩行中、自転車走行中など契約車両に搭乗している以外の自動車事故で補償されます。補償対象は、記名被保険者とその家族です。

支払われる保険金は、設定している上限額の範囲内で認定された損害額全額です。治療費以外に、精神的損害や逸失利益といった慰謝料も含まれます。

被った損害の内容や過失割合など事故の内容から支払われる保険金額が算出されるのは、他の保険と同様。金額が確定してから支払われるので、保険金が支払われるまでに時間を要します。

搭乗者傷害保険とは

搭乗者傷害保険は、契約車両に搭乗中の事故だけが補償されます。ただ、記名被保険者やその家族だけではなく、契約車両に搭乗しているすべての人が補償対象となります。契約車両に同乗していた知人がケガを負った場合、この知人も補償対象になるのです。

他の保険と異なるのは保険金。搭乗者傷害保険は、事故を調査して補償額を算出するのではなく、ケガをした部位や症状によってあらかじめ支払われる保険金が決まっています。

あらかじめ決まっている定額の保険金なので、支払われるまでの期間は短いです。一方で、事故の詳細が反映されるわけではなく、逸失利益や精神的損害は加味されないので、単体では十分な補償を受けられない可能性があります。

人身傷害保険をベースに考える

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違い。ざっくりとしたイメージとしては、人身傷害は人に紐づく保険、搭乗者傷害保険は車両に紐づく保険といったところでしょうか。

どちらか一方に加入するということであれば、人身傷害保険のほうが良いと思います。万が一に備える場合は、十分な補償を受けられる人身傷害保険のほうが良いからです。

では、搭乗者傷害保険は必要ないかというと、これはケースバイケース。事故で入院した場合。人身傷害保険は保険金の支払に時間を要しますが、定額の搭乗者傷害保険はスピーディーに支払われます。

人身傷害保険の保険金が確定するまでに時間がかかっても問題ないほどの蓄えがあるならば搭乗者傷害保険は必要ないかもしれません。でも、十分な蓄えのない人は、保険金が支払われるまでのスピードが大きなメリットだと言えるのではないでしょうか。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。