相手のいない単独事故で補償が受けられる「自損事故保険」

相手のいない単独事故で運転者や同乗者が死傷した場合に補償を受けられる保険に自損事故保険があります。

自損事故保険は、対人賠償保険に自動的に付帯されているのが一般的。ですから、加入したいからといって、プラスで保険料を支払う必要はありません。

自損事故保険の補償内容

自損事故保険の補償内容は以下のようになっています。

  • 死亡保険金 1500万円
  • 後遺障害保険金 50万~2000万円
  • 介護費用保険金 200万円
  • 医療保険金 入院6,000円/日、通院4,000円/日

支払われる保険金は、十分な補償とは言えませんね。加入しなければいけない対人賠償の自賠責保険では死亡時最高3000万円、後遺障害で最高4000万円と比べると、支払われる保険金額が少額であることがよくわかります。

また、単独事故ですべて補償されるわけではありません。以下の事故で運転者や同乗者が死傷するケースでは、保険金が支払われません。

  • 記名被保険者の故意による事故
  • 記名被保険者の逃走行為、自殺行為、犯罪行為により起きた事故
  • 無免許や飲酒等で正常な運転ができない状態で起きた事故
  • 記名被保険者が車両所有者の承諾なく運転して起こした事故
  • 自動車修理業、駐車場業などを行なっている事業者が受託して運転中に起きた事故

ザックリと言ってしまうと、事故の起きる可能性の高い、悪質で意図的な運転によって発生してしまった事故は補償されないということになります。

また、自損事故保険は、ノンフリート等級が3等級ダウンします。翌年に3等級ダウンするので、保険料がそのぶん割増になってしまいます。一方で、同様の状況で補償される搭乗者傷害保険は、ノーカウントで等級の変更はありません。

自損事故保険と搭乗者傷害保険、両方から保険金を受け取れる?

単独事故で運転者や同乗者が死傷した場合に補償される、自損事故保険と搭乗者傷害保険。自動車保険は重複請求できない保険が多いですが、この2つの保険は重複しても両方から保険金を受け取ることができます

ただ、上記で書いたように、自損事故保険を使うとノンフリート等級がダウンしてしまうので、可能だからといって両方とも請求するのは考えもの。等級ダウンしてまで使うほど補償内容がしっかりしているわけではありませんし。

おそらく、自損事故保険は自賠責と同じような位置づけ。単独事故や過失割合が100%で、自分(運転者)や同乗者の治療などに対して何の補償もなく、保険金を受け取ることができない最悪の事態を回避するためにある保険なんじゃないでしょうか。自賠責も事故の相手方のに対して補償する保険ですから。

つまり、単独事故や過失割合が100%で運転者や同乗者に対して補償を受けたいのであれば、自損事故保険では不十分。搭乗者傷害保険に加入するようにしましょう。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。