無保険車との事故による損害を補償する「無保険車傷害保険」

保険に加入していない自動車との事故で被害者になると、加害者が損害賠償金を支払えずに十分な賠償金を受け取ることができないかもしれません。自動車保険に加入していたとしても、対人賠償の保険金額に上限を設定している場合も同じになります。

このように、無保険車との事故によって死傷し、加害者が損害賠償金全額を支払うことができなかった場合に、不足分を補償する保険が「無保険車傷害保険」です。

無保険車傷害保険の特徴

無保険車傷害保険は、加害者が自動車保険に加入しているが、損害賠償金を保険金でまかないきれなくても、不足分を補償してくれます。ひき逃げのように加害者が特定できなくても使えます。

自賠責にすら加入していない自動車との事故、ひき逃げ事故で被害者となった場合に利用できるものとして政府保障事業があります。ただ、政府保障事業は不足分すべてをカバーしてくれませんし、保険ではなく加害者が支払うべき損害賠償金を立替えているだけです。

無保険車傷害保険は、任意保険に自動付帯されています。支払われる保険金の上限は、加入している対人賠償保険と同額か2億円の低いほう。対人賠償を無制限に設定していても、補償は2億円までとなります。

補償対象外となるケース

他の保険や特約と同じで、無保険車傷害保険にも補償を受けられない場合があります。

以下のケースでは、保険金を受け取ることができません。

  • 被保険者の故意の事故
  • 被保険者の逃走行為、自殺行為、犯罪行為により発生した事故
  • 無免許など正常な運転ができない状態で発生した事故
  • 自動車の所有者の承諾なく運転して起きた事故
  • 事故の相手が家族である場合
  • 自動車修理業者などが受託して運転中に起きた事故
  • 地震、噴火、津波による傷害

損害保険会社によって、多少の違いはありますが、基本は上記のケースで死傷した場合は、補償対象外となります。

運転者や同乗者に対する保険には、他に人身傷害保険や搭乗者傷害保険があります。無保険車傷害保険は、人身傷害や搭乗者傷害と違って、相手に過失がない事故は補償対象外です。

自動車事故は、もらい事故もあります。相手は選べません。万が一、相手から十分な補償を得られないケースを考えると、有益な保険と言えるでしょう。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。