物損事故などの賠償責任を補償する「対物賠償保険」

自動車保険の基本内容に対物賠償保険と対人賠償保険は含まれています。

なぜなら、被保険者が事故を起こしてしまった場合に、事故の相手方への賠償として支払われる賠償責任保険だからです。

対物賠償保険は、事故によって器物損壊や相手方の自動車を破壊してしまった場合に負う、法律上の賠償責任を補償する保険です。

物損事故は高額になる

物損事故の損害賠償は高額になるケースが多いです。

「車や壁、塀など壊してしまったものを直せば良いんだから、数百万レベルでしょ」と思う人もいるかもしれません。でも、それだけではありません。

例えば、お店に突っ込んでしまった場合。お店を直す費用がすべてではないのです。事故によってお店を休業しなければいけなくなったら、休業補償も損害賠償に含まれます。つまり、物損事故によって生じた間接的な損害に対しても賠償責任が生じるのです。店舗だけでなく、事故の相手方がトラックの場合は積み荷なんかにも賠償責任が生じます。

判例によれば、交通事故での認定損害額は1億を越すケースがあります。大型トラックとの事故や踏切立ち入りなどで電車が絡む事故の場合が超高額になるようです。店舗に突っ込んだ事故なんかでも数千万円の事例があります。

対物賠償は無制限を選んだほうが良い

対物賠償保険は、必ず加入する必要のある保険ですが、補償限度額は選択可能です。3000万円、5000万円、無制限が多いです。

当然限度額が高ければ高いほど、保険料も高くなります。ですから、補償限度額を下げて、保険料を安くすませる人も少なくありません。

でも、万が一の場合の補償を自動車保険に求めるのであれば、無制限を選んだほうが良いでしょう。

ちなみに、対物賠償は、強制保険である自賠責保険では補償されません。自賠責保険の補償対象はあくまでも人なので。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。