保険金請求の時効には念のため注意しましょう

自動車保険には、保険金請求の時効があります。

基本的には、事故が発生後すぐに損害保険会社(もしくは代理店)に連絡をとるので、時効によって補償を受けられないということはないでしょう。

契約をした被保険者が死亡して、自動車保険に加入しているのをわからなかった場合なんかはありえるのかもしれません。念のため、時効があるということを知っておいたほうが良いと思います。

時効の起算日は補償内容によって異なる

任意保険の場合、保険金請求権が発生した時点の翌日から3年が時効になります。

補償内容にかかわらず時効は変わりません。ただし、起算日となる保険金請求権が発生する時期が異なります。

対人賠償・対物賠償の場合は、判決や示談によって損害賠償責任額が確定した時点。車両保険は損害が発生した時点です。

人身傷害保険の場合は、症状によって異なります。死亡は死亡した時点、後遺障害は後遺障害が発生した時点となります。傷害は、日常生活、業務をおこなえる程度に回復した時点と、抽象的です。

自賠責は請求者によって異なる

自賠責保険は、請求者によって時効の起算日が異なります。ただ、時効は3年と変わりません。

加害者請求の場合は、被害者に損害賠償金を支払った日から3年となります。

被害者請求の場合は、任意保険の人身傷害保険と同じく症状によって変わります。死亡は死亡した日、後遺障害は症状が固定した日(医師が一般の医療行為で効果が期待できないと診断した日)です。傷害は事故発生日となります。

自賠責は、被害者が傷害で請求する場合に注意しなければいけません。事故発生日が事故の起算日となるため、時効までに保険金の請求ができない可能性があります。例えば、治療に時間がかかったり、相手方との話し合いで折り合いがつかなかったり。

自動車保険を使う場合は、忘れずに請求するようにしましょう。任意保険も自賠責も時効は3年。忘れずにさえいれば、まず時効を過ぎてしまうことはありません。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。