ダイレクト(通販型)と代理店型自動車保険の違い

自動車保険は、大きくダイレクト(通販型)自動車保険と代理店型自動車保険に分けられます。

アクサダイレクトやソニー損保、三井ダイレクト損保、SBI損保などが通販型です。一方、代理店型は、東京海上日動や三井住友海上、損保ジャパンなどがあります。

通販型と代理店型、どういった違いがあるのでしょうか?

ダイレクト(通販型)と代理店型の保険加入方法

ダイレクト(通販型)は、インターネットや電話、FAXで保険契約をおこないます。

まずは、インターネットや電話で見積もりをおこないます。損害保険会社のWEBサイトでおこなえますが、一括見積のできるサイトでおこなうこともできます。そして、見積もりを確認して申込みと。

申込みは、書面で申込書や車検証などをやりとすることもありますが、最近ではインターネット上で契約を完結できる損害保険会社も多いですね。

書類に問題がなく、入金をおこなえば契約完了。保険始期日から契約が開始されます。

一方で、代理店型の加入の流れはというと、「見積もり→申込み→契約完了」の流れは同じです。ただ、直接損害保険会社とやりとりをするダイレクトとは違い、代理店の担当者を介します。

自動車ディーラーが保険の代理店となっていることが多いので、購入時なんかにセットでおこなう人が多いでしょう。基本的な流れは変わりませんが、人を介すぶん、ダイレクト型よりも時間がかかる可能性があります。

ダイレクト(通販型)と代理店型自動車保険の違い

損害保険各社で異なることはありますが、タイプの違いにより保険内容や補償内容が異なることはありません

違いがあるのはどこかというと、保険料と顧客対応です。

年齢やノンフリート等級などの条件によって変わってきますが、一般的には代理店型よりもダイレクト自動車保険のほうが保険料が安くなることが多いです。代理店をはさまずに、中間コストが少ないので、当然といえば当然だと思います。

顧客対応は、通販型はコールセンターで対応するので、特定の担当者がつきません。代理店型は、担当者が対応します。

顧客対応については、一長一短。コールセンターで担当者がコロコロ変わるので、安心できないと思う人はいるでしょう。でも、体制ができているので情報の共有はできています。専属の担当者がいると安心と思うかもしれませんが、その担当者がつかまらずに対応に時間がかかる可能性があります。

また、対応の内容については、現実的には属人的というか、人によって変わってしまいますからね。厳密に、契約前に判断するのは難しいかもしれません。ただ、最近では悪い対応はすぐにネット上で広まるので、口コミやレビューを参考にしてみると良いでしょう。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。