自動車保険の支払い方法による違い

自動車保険の保険料を支払う方法はいろいろあります。

インターネットバンキングのみ対応しているところが多いですが銀行振り込みや、クレジットカード払い、コンビニ払いがあります。また、一括の年払いや月々の分割払いに対応している損保会社も多いです。

これら保険料の支払い方法によって、違いはあるのでしょうか?

銀行振り込み・クレジットカード払い・コンビニ払い

すべて一括で保険料を支払った場合でそろえると、どの方法で支払っても保険料は変わりません。ただ、支払いにかかる手数料や期限が異なります

下記に違いを挙げましたが、特に支払い期限は各社で異なる可能性があります。念のため契約中の損保会社に確認するようにしてください。

支払いにかかる手数料

銀行振り込みの場合、振込手数料は契約者負担となります。ただ、インターネットバンキングで支払う場合はソニー損保のように振込手数料は会社負担となるところもあります。

クレジットカード払いは、支払いに使うクレジットカードの契約内容や支払い方法によります。通常、一括払いだと無料だと思いますが、例えばリボ払いや分割払いにした場合は手数料や金利がかかってきます。

払込票やコンビニの端末を使って支払うコンビニ払いの場合は、手数料は損保会社が負担します。

支払い期限

銀行振り込みの場合は、保険始期日の前日から3日前までというところが多いですね。クレジットカード払いは保険始期日の前日までがほとんど。

コンビニ払いは支払期限に幅があります

例えば、アクサダイレクトはコンビニの端末を使ったオンライン方式の場合は保険始期日の3日前までですが、払込票を郵送してもらって支払う場合は保険始期日の10日前までとなっています。

一方で、セゾン自動車火災保険の「おとなの自動車保険」の場合、保険始期日の翌月末までとなっています。払込票払いだと保険料後払型方式ということで、保険始期日時点で支払いが完了していなくても補償されます。

このように、支払い方法による支払い期限は各社で違いが多いので、必ず確認してください。

一括払いと分割払い

損保会社が選択肢として用意している一括払いと分割払いですが、分割払いのほうが割高となります。

例えば、ソニー損保ではクレジットカード分割払い(11回)を選んだ場合に保険料が5%割増になります。

分割払いについて「1年分の保険料を分割して……」と説明している損保会社のWEBサイトが多いです。ぱっと見で保険料に差がないという印象を受けますが、チューリッヒのこちらの記事によれば、自動車保険は一括払いをベースに計算しているので、分割払いのほうが割高になるということです。

また、インターネット割引など他の割引サービスで一括払いと分割払いで違いを設けているところも多いですね。

単純に保険料でいうと一括払いのほうが得ですが、1回にかかる保険料支払いの負担が少なく済むという分割払いのメリットもあります。一括で支払えないからと任意保険に加入しないと、万が一事故を起こした場合の負担が増えてしまったりするので、こういう選択肢があるのは良いことだと思います。

分割払いは保険料未払いに注意する

ただ、分割払いの場合は支払いを失念してしまう可能性があるので注意が必要です。

保険料滞納中の事故に自動車保険は使える?」でも書いたように、引き落とし口座の残高不足で引き落とせなかったというケースは少なくないようです。

引き落としができずに支払えなかったらすぐに契約解除ということにはならないものの、滞納中に事故を起こした場合に自動車保険を適用することができません。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。