土日だけ運転するサンデードライバーは自動車保険を見直してみましょう

週末

自動車保険は平日、土日関係なく、週7日カバーされます。当然、保険料は基本的に365日で計算されているはずです。

平日は仕事で運転できず、週末だけ自動車に乗るサンデードライバーはちょっと損している気分になるかもしれませんね。実際には、多くても1年の1/3ほどしか運転しないことになりますから。

土日(祝日)限定の自動車保険があれば良いのですが、現在はありません。でも、保険料を下げることができる可能性はあります。

契約条件を見直す

サンデードライバーが確認したほうが良い契約条件は使用目的と年間走行距離です。見直した結果、保険料を安くできる可能性があります。

使用目的は、業務や通勤で使わないので「日常・レジャー」。たまに通勤や通学で使うという人でも年間を通じて月15日以上、もしくは週5日以上でなければ「日常・レジャー」で問題ありません。

長期休暇の際に、車で遠方に帰省、旅行する人は年間走行距離が大きくなります。でも、例えば、普段の休みは近場にしか行かず20kmぐらいしか運転しないという場合、年間100日だとして2,000km。年2回車で遠出しても、トータルで5,000km未満でおさまるんじゃないでしょうか。

微妙なラインの人は、走行距離を計算しなおしてみましょう。特に、ソニー損保やチューリッヒなどは年間走行距離の区分が3,000km以下、5,000km以下のように細かく設定されているので、保険料を下げれるかもしれません。

短期契約の1日自動車保険に加入する

週末もほとんど運転しないという人は、短期契約の1日自動車保険も検討する価値があります。

1日自動車保険は文字どおり1日単位で加入できる自動車保険です。つまり、休日に運転するときだけ自動車保険に加入することができます。

関連記事:
1日だけの加入でもOK!超短期契約の1日自動車保険とは

複数の損保会社が1日自動車保険を販売していますが、保険料は24時間で500円(車両補償なし)、1,500円(車両補償あり)が基本。

年間休日120日の人が休日すべて運転するのであれば、年間の保険料は6万円(車両補償ありは18万円)となるので、通常の自動車保険よりも割高です。でも、土日の運転頻度が少ない場合は選択肢に入れられると思います。

補償内容に自由度がない点は留意してください。パッケージのような保険なので、付けたい特約があるとか保険金額を上げて安心したいという人には向きません。

見積もり前に条件はきちんと決めておく

契約条件を変更して自動車保険を見直す場合、せっかくなので現在契約している損保会社だけでなく、複数社から見積もりをとって比較しましょう。契約条件の変更だけでなく、自動車保険の乗り換えでも保険料が安くなるかもしれないので。

正確な条件で算出した見積金額で比較することが大切。ですから、複数社から見積もりをとる前に、必ず条件はきちんと決めておいてください。

見積金額を見てから契約条件や付帯する保険・特約を決めようとすると、保険料をいかに下げれるかに意識がいってしまい、必要な特約を付帯し忘れるかもしれません。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。