損をしないための自動車保険の選び方

あまりわからずに自動車保険を契約してしまい、保険を使う場面になった時に損をしてしまった……ということがないように、各保険・特約の解説やどういった選び方をすればいいかを解説しています。

示談交渉を有利に進められる損保会社はある?

no image

自動車事故で相手がいる場合、示談交渉をすることになります。 任意保険に加入している場合は、損保会社の担当者が示談交渉をおこないます。 損保会社からしても支払う保険金額が変わってくるので、過失割合や損害賠償額を決める交渉は…

支払われた保険金に税金はかかる?

no image

交通事故に遭遇し、損保会社から保険金が支払われた。その場合、保険金に対して税金はかかるのでしょうか?自動車保険の種類や受け取る人によって異なります。

損保が破たんした場合に契約者を保護する「損害保険契約者保護機構」とは

no image

万が一損害保険会社が破たんした場合に、契約者を保護する「損害保険者保護機構」という法人があります。 どのような形で保護されるのでしょうか? 損害保険者保護機構とは 損害保険者保護機構は、1998年12月に保険業法に基づき…

代理店型自動車保険に加入するメリット・デメリットは何?

no image

インターネット上では、保険料が安く、WEB申込みができるダイレクト自動車保険が人気。でも、代理店型が圧倒的なシェアを占めています。代理店型自動車保険に加入するメリットとデメリットは何なのか、考えてみました。

玉突き事故に巻き込まれた場合の過失割合は?

no image

信号待ちで一時停止中や高速道路の渋滞時などで、巻き込まれることのある玉突き事故。巻き込まれた場合の過失割合はどうなるのでしょうか?

損害賠償請求の「積極損害」と「消極損害」

no image

相手のいる事故では、双方もしくは一方に賠償責任が生じます。そして被害者が損害賠償を請求することになります。この賠償を請求する損害には、積極損害と消極損害があります。消極損害には、さらに休業補償と逸失利益があります。自分が事故の被害者となったことを考えると、覚えておいたほうが良いでしょう。

保険金請求の時効には念のため注意しましょう

no image

自動車保険には、保険金請求の時効があります。基本的には、事故が発生後すぐに損害保険会社(もしくは代理店)に連絡をとるので、時効によって補償を受けられないということはないと思いますが、念のため知っておくようにしましょう。

即日加入できる自動車保険はある?

no image

車検証の交付と納車日までに十分な期間がないため、自動車保険の契約はギリギリになりがち。間に合わないというケースを回避するために、即日加入できる自動車保険はあるのでしょうか?

無保険車との事故による損害を補償する「無保険車傷害保険」

no image

無保険車との事故によって死傷し、加害者が損害賠償金全額を支払うことができなかった場合に、不足分を補償する保険が「無保険車傷害保険」です。

無保険車、ひき逃げ事故の被害者を救済する「政府保障事業」とは

no image

ひき逃げ事故や無保険車による事故の被害者となってしまうと、十分な賠償がおこなわれない可能性が高い。そういった自体に政府が損害てん補する制度を「政府保障事業」と言います。