保険料に差が出る車両料率クラスとは

保険料に差がつく1つに車両料率クラスというものがあります。

車両料率クラスは、型式や車種によって異なります。現在乗っている自動車を簡単に変えることはできませんが、買い替えの際に検討材料に含めたほうが良い。そのぐらいの差が保険料に出てきます。

車両料率クラスとは

車両料率クラスは1~9までの数字があり、車種や型式ごとに分けられます。この数字は事故リスクを評価して指標化したものになります。

車種・型式ごとに以下4項目があり、それぞれ9に近いほど事故リスクが高く、1に近いほど事故リスクが低くなります。

  • 対人賠償
  • 対物賠償
  • 人身傷害・搭乗者傷害
  • 車両保険

車種や型式ごとに過去の事故発生状況などを分析して、指標を算出。損害保険料率算出機構が年1回、車両料率クラスを見直します。

事故のリスクが高いと保険料は高くなる

自動車保険の保険料は、事故リスクが高いほど保険料は高くなります。損保会社からしてみれば、保険金を支払う可能性が高い契約のほうが保険料を高く設定するのは当然ですね。

記名被保険者に紐付くところでいうと、ノンフリート等級が事故リスクを判断する指標です。また、年齢条件や使用目的などからも事故発生リスクを考慮して、保険料が異なってきます。

車両料率クラスも同じことで、被保険者ではなく契約車両に対して保険料を算出する事故発生リスクを指標化したものになります。

優良ドライバーであっても、車両料率クラスの高いスポーツカーや外車の場合は、そのぶん保険料は高くなってしまいます。

ただ、自動車保険はセグメントして統計データをもとに判断する項目が多いと思います。年齢条件なんかは、統計上何歳代の保険適用事故が多いとかを考慮しています。車両の場合は、事故発生頻度を車種や型式ごとに統計をとって判断するわけです。

一般的には小型乗用車の車両料率クラスは低い傾向にあり、スポーツカーや外車の車両料率クラスは高い傾向にあります。車の買い替えや新車を購入する際には、保険料に差が出る車両料率クラスも考慮したほうが良いでしょうね。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。