1つの事故に対して自動車保険と生命保険、医療保険、すべての保険金を受け取ることはできるのか?

自動車保険の被保険者が自動車事故でケガや死亡してしまった……。この場合は、保険適用に該当していれば、もちろん加入している自動車保険の損保会社から保険金が支払われます。

この時、自動車保険の他に、加入している生命保険や医療保険からも保険金は支払われるのでしょうか。

生命保険や医療保険からも保険金を受け取れる

自動車保険と生命保険・医療保険、両方から保険金を受け取ることができます。

自動車保険は事故の被害者を救済することを目的としています。ですから、事故で生じた損害のてん補のために、補償限度額の範囲内で補償がおこなわれます。

一方で、生命保険や医療保険は、万が一の場合の生活保障の手段です。自分に何かあった時に自分や家族の経済的不安に備えて加入します。何か生じた時に保険金が給付されます。

もともとの意図するところが違うので、自動車保険と生命保険・医療保険の保険金は相殺されません。中には、交通傷害保険のように交通事故を広くカバーする保険商品もあり、自動車保険とは別に保険金や共済金を受け取ることができます。

自動車保険の重複はできない

自動車保険と生命保険・医療保険の重複請求はできますが、複数の自動車保険の重複請求はできません。厳密には複数の任意保険の重複請求が不可能です。

上記で述べたように、あくまでも自動車保険は事故で生じた損害のてん補を目的としています。

また、自動車保険は車両に紐づいて1車両1保険、そもそも複数の任意保険に加入することができません。

補償限度額を無制限にした対人賠償保険や対物賠償保険に加入したり、事故の際にすべてカバーできる保険や特約を付帯したりすれば1つの保険で十分です。でも、これで交通事故に遭遇して自分が何かあった場合でも安心かというと、そうではありません。

なぜなら、自動車保険はどちらかといえば事故の相手方のための保険になるからです。

生命保険や医療保険にも加入していたほうが良い

交通事故は自分が一方的に被害者、つまり過失割合が100対0で相手方となることは少ないです。多かれ少なかれ、自分も加害者という立場にもなります。

自分が被った損害に対しては、相手が加入している自動車保険の対人賠償保険や対物賠償保険から保険金が支払われます。加えて、ケースによっては自分が加入している自動車保険の人身傷害保険や搭乗者傷害保険が適用されますが、自分が加入している対人・対物賠償は関係ありません。

もし、事故の相手方が任意保険に加入していなかった場合、自賠責でカバーできない賠償については相手方負担となります。もし、自分が死亡したり、障害が残ったりした時は高額な賠償請求額になりますが、相手に十分な支払能力がなければ被害をすべて補償されません。

そういうことを考えると、生命保険や医療保険にも加入しておいたほうが良いでしょう。また、生命保険や医療保険で保険金の給付が受けられるのは、自動車事故で死亡したりケガをしたりした場合だけではありません。

当然、色々な保険に加入するとそのぶん保険料が増えて家計を圧迫してしまいます。そのため、自動車保険や生命保険、傷害保険、すべての保険に対して、保険の内容や補償範囲をよく検討して選ぶことが重要です。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。

keyboard_arrow_right 自動車保険見積もりのインズウェブ