支払われた保険金に税金はかかる?

交通事故に遭遇し、損保会社から保険金が支払われた。その場合、保険金に対して税金はかかるのでしょうか?

自動車保険に加入している本人が事故にあい、本人が保険金を受け取る場合は、自動車保険で補償された保険金については非課税

一方で、家族が受け取るケースや家族が事故にあったケースでは、課税対象となることが多いです。

契約者本人が事故にあった場合

自動車保険の契約者本人が事故にあい、保険金を受け取る場合。

例えば、事故の相手が契約している損保会社の対物賠償対人賠償から保険金が支払われたり、自損事故で自身の車両保険で補償を受けたり。

これらのケースで受け取る保険金は利益ではありません。事故によって被った損害を補うお金です。税金は利益に対してかかるものですから、自動車保険の保険金は課税されないのです。

これは契約者本人が保険金を受け取るケースです。保険金を家族が受け取る場合は、課税対象となるケースもあります

家族が受け取っても非課税となるのは、損害賠償金の場合です。事故の加害者が加入している対人・対物賠償や自賠責保険から支払われる保険金は税金がかかりません。

保険金が課税対象となるケース

受け取る保険金に税金がかかるのは、どういったケースがあるのでしょうか?

事故の当事者が死亡した際に受け取る保険金で、損害賠償金以外は課税対象となります。

例えば、人身傷害保険や搭乗者傷害保険、自損事故保険なんかから支払われる保険金です。

これらの保険でも、ケガや入院、後遺障害に対して支払われる保険金は非課税です。でも、死亡して支払われる保険金は課税対象。

契約者本人が死亡、家族が死亡保険金を受け取った場合は相続税、家族が死亡して契約者本人が死亡保険金を受け取った場合は一時所得で課税対象に。業務中の事故で死亡し、会社が加入している搭乗者傷害保険から遺族が受け取った保険金には相続税がかかります。

このように、かかる税金の種類が異なるので、自分で判断せずに専門家に相談したほうが良いでしょう。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。

keyboard_arrow_right 自動車保険見積もりのインズウェブ