駐車場内での事故に対する保険は?

昔、家族が駐車スペースに停める際に、となりに駐車中の車にぶつけてしまったことがあります。駐車場内での事故に対して、自動車保険はどのようになるのでしょうか?

結論から言うと、道路上で発生する自動車事故と同じように自動車保険は適用されます。

車や設備にぶつけてしまった場合は対物賠償保険が、人との接触事故に対しては対人賠償保険が使えます。マイカーの修理に関しては車両保険が使えますね。

保険自体は使えますが、損保会社は過失割合を道路上の事故と違った捉え方をすることが多いようです。

駐車場内での事故の過失割合

以下の記事を読んだところ、損保会社は「駐車場の事故=過失割合50対50」と処理しようとするそうです。

損保は駐車場の事故をどうして50対50で処理したがるのか|交通事故被害者は2度泣かされる

この記事で加害者・被害者いずれの立場の損保会社からも50対50という主張がされるケースが紹介されています。駐車場の事故は道路交通法の適用を受けないからという主張もあるようですね。

たしかに、道交法は公道で適用され、駐車場など私有地では適用されません。でも、だから加害者の過失相殺がどういったケースでも5割を主張するのはよくわかりません。

上記ブログの他の記事で判例が紹介されていました。駐車場という特性を加味した過失割合の判決になっていましたが、損保会社の主張に沿った判例の紹介はありませんでした。

読んで感じたのは、駐車場内の通路を道交法の適用を受ける道路とみなして考えられるのかなと。判例を正とすると、損保会社の主張はおかしいですよね。

自分が被害者の立場になった場合、駐車場の事故では損保会社から納得できない提案がされる可能性があること、頭に入れておいたほうが良さそうです。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。

keyboard_arrow_right 自動車保険見積もりのインズウェブ