自動車事故の損害額認定に重要な「過失割合」と「過失相殺」

相手のいる自動車事故では、お互いに多少なりとも過失がある場合が多いです。お互いの過失を数値化したものを「過失割合」と言い、事故における損害の負担を過失割合をもとに分担することを「過失相殺」と言います。

過失割合が30対70の場合、自分が被った損害のうち、3割は自己負担で7割が相手負担になるということです。「この損傷は自分に非があり、ここは相手に非がある」と細かく判断することはできないので、自然な考え方でしょう。

過失割合は過去の判例をもとに算出される

実際、過失割合は、その都度事故を詳細に調査して算出するのではなく、裁判所の過去の判例や認定基準に基づいて算出されます。直進車同士の事故だと過去の判例で過失割合がこうだったとか、交差点内でこういうシチュエーションで事故が発生した場合の過失割合は、過去の認定基準でこうだったとか。

例えば、直進車と右折車が交差点内で接触事故を起こした場合。両方とも青信号、もしくは信号がなかったケースだと、直進車と右折車両の過失割合は30対70となります。これが両方とも黄信号だと40対60、直進車が赤信号で右折車が進入時に青信号だったら90対10のように、過失割合が変わります。

他に意外な例を挙げると、駐停車している車両に直進車が追突した場合。追突したほうが全面的に悪いじゃないかと思うかもしれません。実際、路肩に駐停車しているケースでは過失割合が駐停車車両が0で直進車が100となります。でも、本線道路上に駐停車していた場合は、駐停車車両が40で直進車60となります。

上の2つの例は、事故の当事者が2人だった場合で、当事者が増えると複雑になります。例えば、停車している自動車を避けた歩行者が事故にあった場合、歩行者と接触した車両だけでなく、停車中の車両にも過失があるということで、過失割合が生じるケースがあります。

過失によって損害賠償額は減額される

過失割合にもとづいて、お互いの過失に応じて損害賠償額は減額されます。これが過失相殺という考え方です。

任意保険の場合は単純に過失割合で減額されます。過失割合が50対50だと、相手に支払う損害賠償額は認定された損害額の50%となります。逆に、自分が被った損害額のうち相手が支払う損害賠償額は50%で、残りの50%は自己負担しなければいけません。

自賠責保険でも過失割合による減額はありますが、任意保険とは違って単純に過失割合に応じて算出されるわけではありません。過失割合が何%でも、最大で50%が減額されて補償されます。

任意保険で無制限の対物賠償や対人賠償に加入していれば、相手に対しては過失割合関係なく損害賠償額を支払うことができます。影響があるのはどちらかと言えば逆のケース。相手が無制限の対物賠償、対人賠償に加入していたとしても、過失割合によって損害額全額が補償されずに、自動車修理費や治療費など自己負担が発生してしまいます。

この自己負担分をカバーするのが搭乗者傷害保険や人身傷害保険、車両保険になります。搭乗者傷害保険や人身傷害保険を使ってもノーカウント事故でノンフリート等級に影響しないので、加入しておくと安心ですね。

一方で、車両事故は使うと3等級ダウン。自己負担を避けるために車両保険に加入するよりも、そのまま自己負担したほうが安上がりの可能性があります。車両保険に加入すべきかどうかは難しいところですね。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。

keyboard_arrow_right 自動車保険見積もりのインズウェブ