任意の自動車保険への加入は必要?

自動車保険は、任意保険に加入しなくても、強制保険である自賠責保険に加入します。

自賠責に必ず加入しなければいけないことを考えると、任意保険に加入する必要はないんじゃないかと思うかもしれません。実際のところ、任意保険に加入する必要はあるのでしょうか?

結論を先に書くと、任意保険の加入は必要だと思います。

任意保険への加入が必要な理由

任意の自動車保険に加入すべきだと考える理由は、以下の3つ。要するに、自賠責では補償範囲、支払われる保険金が不十分だからです。

  • 自賠責は対物補償がない
  • 自賠責は対人賠償保険で自損事故の補償がない
  • 自賠責の保険金では賠償額をカバーしきれない可能性がある

自賠責保険の内容は、対人賠償保険です。対物賠償保険や自損事故保険などは含まれていないのです。

ですから、事故を起こして建物や相手方の自動車を壊してしまったとしても、自賠責では何の補償もありません。また、対人事故であっても、マイカーの修理費用に対して保険金が支払われることもありません。

マイカーの修理に対して保険金が支払われる車両保険は、車の状態によって加入しないほうが良いケースもあります。ただ、億を超える高額請求のケースもあり得る対物事故で一切の補償が受けられないのはリスクが高いと思います。

万が一に備えて加入するのが保険

万が一の自動車事故に備えて加入するのが自動車保険です。

一つ一つのケースは万が一かもしれません。でも、対応しきれないケースが多いのは、保険に加入する意味がそもそもないと言えるんじゃないでしょうか。

とはいえ、自賠責保険には法律上の加入義務があります。中途半端に加入するのが一番もったいないので、保険は入るものと割り切ったほうが良いです。

加入するものだとした場合、万が一の場合に高額な賠償責任を負う可能性があるケースに関しては、保険でカバーすると考えたほうが良いでしょう。

確率の問題というか、もしもの場合でも自己負担が高額にならないケースは、その保険・特約を付帯したことで増えた保険料との兼ね合いかなと思います。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。

keyboard_arrow_right 自動車保険見積もりのインズウェブ