保険料に差が出る車両保険を付帯するかどうかのポイント

保険料に差が出る車両保険を付帯するかどうかのポイント

マイカーが事故で被害を受けた場合に、修理代を補償してくれる車両保険。賠償責任を補う対人賠償保険や対物賠償保険とは違い、完全に自分のための自動車保険です。

車両保険は付帯するかどうかを選択することができます。補償をとるか保険料をとるか。車両保険を付帯しないほうが良いケースも多々あるので、付帯するかどうかのポイントをご紹介します。

車両保険の付帯率は新車のほうが高い

損害保険各社のWEBサイトを見ると、ソニー損保やアクサダイレクトでは約50%強が車両保険を付帯しています。

アクサダイレクトの上記ページでは、さらに内訳を見ることができます。「車齢から見る車両保険の付帯率」を見ると、1年未満のほぼ新車と思われる車齢の場合は付帯率が約80%、3年未満までは7割以上の人が車両保険を付帯しているようです。

このように、車両保険の付帯率は新車のほうが高いです。なぜなのかは、車両保険の保険金の算出方法を考えるとわかります。

車両価値で付帯するかどうかを決める

車両保険の保険金の算出に、車両価値が関係します。被保険者が被る可能性のある最大の損害を金銭的に評価した金額である保険価額。車両保険では全額補償されるのではなく、保険価額を限度に補償されます。

この保険価額が車両価値のことで、損害を受けた自動車と同一車種で年式や走行距離などが同程度の車両が中古車市場での販売額になります。つまり、車両の経過年数が長ければ長いほど、車両価値は減ってしまうのです。

新車の場合は、加入したほうが得する場合が多いです。限度額が高いので。ローンで購入した人なんかは特に付帯するケースが多いようですね。確かに、事故で全損、車は廃車になったのにローンが残る……ではつらいですから。

型式が古かったり、走行距離が長い場合は、保険料のほうが高くなるケースがあります。検討する場合は、必ず中古車情報サイトや雑誌で車両価格の相場を確認してください。

車両保険を使うとノンフリート等級がダウンするので注意

もし、若干保険料のほうが安くなりそうだなという場合は、車両保険は付帯しないほうが良いです。どうしてかというと、車両保険を使うとノンフリート等級が下がるからです。

ノンフリート等級によって保険料の割増・割引率が異なり、保険料全体に影響します。車両保険の場合、災害や盗難、いたずらなどは1等級ダウンで、車対車の事故や自損事故なんかは3等級ダウンです。

つまり、車両保険を使って修理費用の全部もしくは一部の補償を受けたことで、次回契約時の保険料が割増になってしまうのです。実際、車両保険を付帯しているのに、事故で使わずに自己負担で修理する人もいるようです。

マイカーが受けた損害額は、事故で賠償責任を負った場合の賠償額に比べて、上限が計算できますし、金額も賠償額に比べると少額になることが多いです。ですから、万が一に備えて必ず付帯したほうが良い保険ではありません。

特に、新車購入時に加入した保険で車両保険を付帯したままで継続している人は、もう必要ないかもしれません。補償が十分ではない保険となっている可能性があるので、見直すことで保険料を引き下げることができますよ。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。

keyboard_arrow_right 自動車保険見積もりのインズウェブ