マイカーが事故で損害を受けた時の修理費用を補償する「車両保険」

マイカーが事故で損害を受けた時の修理費用を補償する「車両保険」

対物賠償保険や対人賠償保険は、相手の被害を補償する保険ですが、車両保険は自分の被害を補償する保険です。

様々な理由から、付帯する必要がないと言われることの多い車両保険ですが、本当に不要なのでしょうか? この記事では、車両保険の基本的な内容についてご紹介します。

車両保険とは

車両保険は、マイカーが事故で損害を受けた時に、修理費用を補償してくれる保険です。

事故の相手方ではなく、自分の自動車に対して保険金が支払われます。また、自動車事故の他に、火災や台風など自然災害、いたずらや盗難などの被害に対しても、修理費用が補償されることがあります。

車両保険の種類

車両保険には、大きく「一般タイプ」と「エコノミータイプ」があります。通常の車両保険が一般タイプ、補償範囲が限定されているのがエコノミータイプです。

一般タイプは、相手のいる自動車事故だけでなく、単独事故(自損事故)や当て逃げも補償されます。一方で、エコノミータイプは、単独事故や当て逃げは補償対象外となります。

他の補償対象は同じです。

車両保険で補償される

  • 盗難
  • いたずら
  • 物の飛来・落下による損害
  • 火災や台風といった自然災害による被害

車両保険で補償されない

  • 地震と噴火、津波による損害

補償範囲以外で言うと、保険料が異なります。当然ですが、補償範囲を限定しているエコノミータイプのほうが保険料は安くなります。

車両保険は必要?不要?

車両保険を使えない事故もありますし、等級ダウンするので使うと結果的に損することもあります。だからといって、車両保険は不要と一概には言えません。

車両保険で支払われる保険金は、契約車両の車両価値をもとに算出されます。損害賠償額から算出される対物賠償保険や対人賠償保険の保険金とは違い、あらかじめ保険金の限度額が想定できます。

このあたりは、「保険料に差が出る車両保険は必要?不要?加入するかどうかを決めるポイント」でもう少し詳しく書いているので、あわせてご覧ください。

加入する必要があるかどうかは、マイカーの車両価値を調べると判断がつきます。基本的には、新車は加入したほうが良く、中古車に関しては型式や走行距離で車両価値はかい離するので、ケースバイケースと言えるでしょう。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。

keyboard_arrow_right 自動車保険見積もりのインズウェブ