自動車の使用目的で保険料を抑える

自動車保険の見積りをする時に、自動車の使用目的を入力する必要があります。

使用目的は自動車保険を節約するポイント。というか、知らずに保険料が高くなる項目を選択してしまっている可能性があるので、よく理解して適したものを選ぶようにしましょう。

使用目的の定義

使用目的は「業務」「通勤・通学」「日常・レジャー」の3つがあります。それぞれの定義は以下のとおり。

1.業務用

年間を通じて月に15日以上もしくは週5日以上、自動車を仕事に使用する場合。

2.通勤・通学用

年間を通じて月に15日以上もしくは週5日以上、自動車を通勤・通学に使用する場合。

3.日常・レジャー用

上記1と2に当てはまらない場合。

使用目的によって自動車保険料は異なる

3つの中で、使用目的が業務用の場合が一番自動車保険料が高くなります。

使用頻度が高い、使用時間(走行距離)が長いほど、事故リスクが高くなるということが理由ですね。厳密には、1~3の順に、使用頻度が高かったり、使用時間が長いわけではありませんが、確率的なことなんでしょう。

保険料が異なる項目なので、使用目的が変わった場合は必ず報告しなければいけません

「日常・レジャー用」と申告していたにもかかわらず、毎日通勤に使っていた。その通勤中に自動車事故を起こしてしまった場合、告知義務違反として保険金が支払われない可能性があるので、注意しましょう。

適切な使用目的を選ぶ

過少申告している場合はもちろん、逆の場合もよくあります。その場合は、多くの保険料を納めてしまっていることになります。

よくあるのが、普段は自転車や電車で通勤しているけど、雨の日は自動車で通勤する時に、「通勤・通学用」を選択閉まっているケース。上に書いている使用目的の定義をよく見てもらいたいのですが、それぞれの定義は「年間を通じて月に15日以上もしくは週5日以上」と日数に条件が定められています。つまり、月1週間ほど通勤に使うのであれば、日常・レジャー用に当てはまるのです。

これは業務用も同じです。例えば、月に2、3回だけ商品の配達に使うというのであれば、業務用には当てはまりません。通勤・通学用もしくは日常・レジャー用になります。

使用目的を適切なものにするだけで、数千円の保険料節約につながる可能性があります。実際に、申告している使用目的で自動車を使っているか、一度確認してみてはいかがでしょうか。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。

keyboard_arrow_right 自動車保険見積もりのインズウェブ