保険会社の健全性を示す「ソルベンシー・マージン比率」

保険会社が破たんしてしまい、保険を受けることができない……。

当然、これは避けなければいけないことです。万が一の場合に備えて加入する保険なのに、実際に万が一のケースが発生したときに保障を受けれないとか備えになっていませんからね。

こういったケースを避けるために、保険業法で基準がさだめられています。それが、ソルベンシー・マージン比率です。

ソルベンシー・マージン比率とは

ソルベンシー・マージン比率とは、保険会社の健全性を示す指標です。震災など大規模な災害で、一度に多くの保険金の支払いが生じた場合でも、対応できる余力があるかを見る指標になります。

この数値が200%を下回ると、金融庁から行政指導が入ります。これは、損害保険会社だけでなく、生命保険会社などすべての保険会社に当てはまります。

銀行の自己資本比率や証券会社、FX会社の自己資本規制比率と同じようなものですね。これらは万が一の場合でも、顧客から預かった資産を返還できる体力があるかを見るための指標です。

保険会社も保険料を預かるわけではありませんが、保険金支払いの必要があるので、その時に十分な支払い能力があるかが重要なので、ソルベンシー・マージン比率で定められているのです。

自動車保険ではあまり重視しても仕方がないかも

一応、ソルベンシー・マージン比率が200%を越えていれば、保険業法上では安全な会社とみなすということです。でも、この数値を過信してはいけません。

例えば、新参保険会社は、保険の契約件数が少なく、母数となるリスクが小さいです。ですから、ソルベンシー・マージン比率は高くなります。でも、契約件数が増えればリスクが増えるので、ソルベンシー・マージン比率が大きく動く可能性があります。

では、設立年数が長く、200%を越えていれば安心かといえばそうではありません。というのも、直前までソルベンシー・マージン比率が200%を上回っていたにもかかわらず、経営破たんした保険会社も過去には存在するからです。というか、結構あります。第百生命、第一火災、千代田生命に東京生命…と。

自動車保険は一般的に1年ごとの加入が多いので、生命保険やがん保険のように保険会社が破たんした場合の影響は大きくありません。ですから、ソルベンシー・マージン比率を重視してあれやこれやと損害保険会社を選ぶよりは、保険業法上問題ないとされている200%を越えていれば良いと割りきっても良いんじゃないかと思います。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。

keyboard_arrow_right 自動車保険見積もりのインズウェブ