玉突き事故における保険の過失割合。真ん中でも過失はある?

玉突き事故における保険の過失割合。真ん中でも過失はある?

信号待ちで一時停止中や高速道路の渋滞時などで、巻き込まれることのある玉突き事故

いわゆる多重衝突事故に巻き込まれた場合、自動車保険の過失割合はどうなるのでしょうか?

一般的に追突された側の過失割合はゼロ

一般的には、追突された運転者に過失はないとされます。つまり、過失割合はゼロです。

先頭にいる追突されただけの自動車だけでなく、真ん中にいたことで玉突きしてしまった自動車もあてはまります。多重衝突事故の場合は、原則として追突した車両の過失割合が100%になります。

「一般的に」と書いたのは、追突された側にも過失が生じるケースもあるからです。

追突された側に過失が発生しないのは、然るべき理由で停止もしくは徐行している状況において追突された場合。例えば、信号待ちで一時停止していたり、交通渋滞で徐行していたりして、玉突き事故が発生した場合はこれに当たります。

逆に、玉突き事故で真ん中や先頭にいた場合でも、停止や徐行をする然るべき理由がなかったと証明されると、追突された側にも過失が生じます。

玉突き事故で真ん中や先頭にいても過失が発生するケース

どういう時に過失が生じる可能性があるというと、例えば以下のようなケースがあります。

  • 前方不注意で急ブレーキをかけたところ、後方車両から追突された
  • 十分な車間距離をあけておかなかったために、前方車両のブレーキで急ブレーキを踏んでしまった
  • 高速道路で停車していた、徐行していた

例えば、3台の自動車で玉突き事故が起こりました。前と真ん中の車の運転に落ち度はなく、単純に後の自動車が突っ込んで発生した多重衝突事故です。

この事故の過失割合は、後の自動車が100で他はゼロです。後ろの車両の運転者が前、真ん中の車両への賠償責任を負います。

これが、真ん中の車両が不注意で急ブレーキを踏んだことが事故の原因だったら、どうなるのでしょうか?

この場合は、真ん中の車両の運転者にも過失が生じます。そのため、前と真ん中の車両や搭乗者の損害は、真ん中と後の車両(の運転者)が補償しなければいけません。

ただ、後続車両がきちんと車間距離をとっていれば追突は避けられるという考え方が原則としてあるため、過失割合は最後尾の車両が一番高くなることがほとんどです。

自動車保険の考え方は通常の追突事故と同じ

事故の原因が先頭や真ん中の車両の急ブレーキだった場合は、急ブレーキが正当な理由だったかどうか、後続車両の車間距離が十分だったかどうかなどで過失割合が変わります。

そのため、運転者同士の言い分が違うなど、過失割合でもめることが往々にして起こりえます。ドライブレコーダーを搭載していれば事故状況がわかりますが、まだまだ一般的には十分に普及していません。

損害賠償責任の過失割合は複雑になりえますが、自動車保険の考え方は通常の追突事故と同じです。加害者の加入している対人賠償対物賠償が適用され、損保会社から過失割合に応じて保険金が支払われます。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大21社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。

keyboard_arrow_right 自動車保険見積もりのインズウェブ