地震・噴火・津波車両全損時一時金特約

地震・噴火・津波車両全損時一時金特約は、一般タイプの車両保険に付帯する特約です。

言葉から容易にイメージできるとおり、地震や噴火、津波によって車両が全損判定された時に一時金が支払われます。

車両保険の補償範囲に火災や台風など自然災害による被害もあります。でも、この自然災害に、地震や噴火、津波は含まれていません。それをカバーする特約になります。

地震・噴火・津波車両全損時一時金特約の特徴

保険料も安いぶん、支払われる保険金も上限金額が低いのが特徴。年間保険料が高くても5,000円で、支払われる保険金は上限50万円となっていて、十分な補償が受けられるとは言えない内容です。

さらに、一時金が支払われるのは、損害保険会社に全損と判定された場合。これが結構複雑です。各社違いがありますが、ここではアクサダイレクトの地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約における全損の定義をご紹介します。

参照:自動車保険のアクサダイレクト|地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約における全損の定義

「流出または埋没し発見されなかった場合」「全焼した場合」「損傷を修理できない場合で廃車を行なったとき」「運転者席の座面を超える浸水を被った場合」。これらは、わかりやすいといえばわかりやすいです。ただ、これ以外の車体上部や側部といった一部の損傷については、細かく条件が定められていて、どうなれば全損なのかはちょっとわかりづらい……。

地震・噴火・津波車両全損時一時金特約は付帯する必要はない?

インターネット上では、 地震・噴火・津波車両全損時一時金特約は不要という意見が多いです 。

ただ、損保に勤めている知人の話では、意外と付帯する契約者が多いそうです。追加保険料がそれほど高くありませんし、東日本大震災で地震や津波に対する不安が大きいからですかね?

また、住んでいる地域によって必要性は異なるんじゃないでしょうか。地方だと自動車がないと移動できないところも多いですからね。そういう地域だと、補償云々ではなく、震災時にとりあえず移動手段として安い中古車を購入するために、地震特約を付帯するのはありかもしれませんね。

地震・噴火・津波車両全損時一時金特約は、単体で加入できません。車両保険に未加入の人が、わざわざ車両保険に加入してまで付帯する特約ではないかなと思います。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大20社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。

自動車保険見積もりのインズウェブ