対物差額修理費用補償特約

対物賠償保険を賠償限度額を無制限で契約しておけば、対物賠償で賠償責任を負っても安心です。高額請求されても補償されますからね。

自分が負う賠償責任で言えば、無制限の対物賠償ですべてまかなえます。ただ、相手が被った損害で考えると、保険ですべてがカバーされるわけではありません。

これは対物事故の相手が自動車だった場合に起こりえます。そのためにある特約が対物差額修理費用補償特約です。

自動車に対する保険金は時価額を限度に支払われる

損害保険会社から支払われる保険金の限度は、自動車の時価額です。修理に100万円かかろうとも、時価額が10万円だった場合に支払われる保険金は10万円です。もちろん、過失割合によって、実際はこれよりも少なくなります。

これは自動車の型式が古いときに起こりえます。型式が古ければ古いほど、自動車の時価額は安くなります。でも、修理費用は型式が古いほど安くなるとはかぎりません。むしろ、部品の入手が困難で修理費用が高額になることも多々あります。

相手からしてみると、割高な修理工場を使っているわけでもなく、適正な修理費用だと思うでしょう。しかし、損害賠償額は自動車の時価額をもとに算出されます。つまり、適正な費用だと思おうが、時価額を超える部分については賠償責任を負いません

愛着があったり、何かしら思い入れがあったりして長く乗っていて、その人にとっては価値のある自動車だったとしても関係ないのです。ちょっと切ないですよね。

相手のための対物差額修理費用補償特約

対物差額修理費用補償特約は、修理費用と時価額の差額に対して過失割合を加味した金額(上限50万円)を補償する特約です。ちなみに、建物やトラックの積荷などは対象とはならず、自動車の場合だけです。

例えば、上記の例(修理費用100万円で時価額が10万円)で過失割合が5対5だった場合、45万円が補償されます。

対物差額修理費用補償特約は相手のために付帯する特約です。でも、対物賠償保険や対人賠償保険とは違います。賠償責任を負わないところですからね。

では、どうしてこういった特約があるのかというと、道義的な部分でしょうか。法的な賠償責任は果たしたといっても、相手が満足な結果を得られないと気の毒だと思いますよね。そういった気持ちの部分をカバーする特約なんじゃないでしょうか。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大20社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。

自動車保険見積もりのインズウェブ