ほとんどの人が付帯している「他車運転危険担保特約」

加入している自動車保険に他車運転危険担保特約を付帯しているか聞くと、多くの人が付帯していないはずと答えるかもしれません。

でも、任意保険に加入していれば、ほぼ加入している特約になります。基本的には対人賠償対物賠償に自動付帯されています。

付帯していることすら知らない人が多い他車運転危険担保特約について、ご紹介。

他車運転危険担保特約とは

被保険者が契約車両以外の自動車を運転している時に起こした事故に対して、補償を受けられる保険です。記名被保険者ではなく、被保険者。また、他の保険や特約と同じで適用範囲はあります。

例えば、友人の自動車を運転していて事故を起こしてしまった場合に、友人が加入している保険ではなく自分が加入している自動車保険を使って保険金を受け取ることができます。

自動車保険は使うとノンフリート等級が下がります。ノンフリート等級が下がると、次年度の保険料が増えてしまいます。ですから、友人が保険に加入していても使ってもらいづらいですよね。そういう点で良い特約なんじゃないでしょうか。

注意点は、他車運転危険担保特約は個人に対する特約で、法人の場合は適用されないことです。

他車運転危険担保特約の補償対象は?

この特約が適用される対象者は以下となります。

  • 記名被保険者およびその配偶者
  • 記名被保険者およびその配偶者の同居の親族
  • 記名被保険者およびその配偶者の別居の未婚の子

また、補償される搭乗車は自家用普通乗用車、自家用小型乗用車と自家用普通貨物車など、自家用車両のみです。

他車運転危険担保特約が適用されないケース

補償対象となる人、車両でも、適用されない場合があります。主だったところで、以下3つのケースがあります。

  1. 車両所有者の承諾を得ずに運転して事故を起こした場合
  2. 補償対象者所有の自動車を運転して事故を起こした場合
  3. 常時使用している車を運転して事故を起こした場合

許可を得ずに勝手に運転して事故を起こしてしまっても、保険金は支払われません。

また、あくまでも他車なので、補償対象となる人が所有している自動車は適用範囲外となります。所有者が補償対象者以外であっても、常時使っている自動車については他車という扱いにならず、保険金を受け取ることはできません。

意外と、上記3点は当てはまる可能性があるのかなと思うので、他車運転危険担保特約を文字どおり捉えるのではなく、上記3点はしっかりと頭に入れておくようにしましょう。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大20社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。

自動車保険見積もりのインズウェブ