軽自動車は自賠責、任意保険ともに安いのがメリット

2014年の軽自動車の国内新車販売件数は3年連続増加、過去最高となりました。

14年新車販売台数、3年連続増 軽自動車が初の4割超え – 47NEWS

上記記事によると、消費税が8%に増税されたことで買い替えが進んだことが要因となったそうです。

軽自動車のメリット

ダイハツのタントやミラ イース、スズキのワゴンRやアルトなどが人気の軽自動車。メリットは数多くあります。

例えば、小回りがきくので運転しやすいですし、駐車もしやすい。それに、年々性能も良くなってきています。

また、経済面(金銭面)でのメリットが大きいです。購入価格が安いだけでなく、燃費も良いです。さらに、自動車取得税など税金も安い。普通乗用車と比較して年間2万円以上安くなります。

燃費の良さや税金が安く、購入時だけでなくランニングコストも下げられるのは、中古自動車の大きなメリットなのではないでしょうか。

他にも、地域によりますが、購入時に車庫証明が必要ないこともメリットかと思います。購入時のハードルが下がりますからね。

自動車保険の保険料も安い

安くなるのは、税金やガソリン代などの維持費だけではありません。自動車保険も普通乗用車と比べて安いです。

強制保険である自賠責保険の保険料は、2年(24ヶ月)で自家用乗用車と比べて5%程度安くなります。

また、任意保険の保険料も安くなります。保険料算出に使われる車両価格が安いですし、スポーツカーなんかよりも事故のリスクが低く車両料率クラスが低いからです。

消費税増税による家計への負担増加は意外と厳しかったりします。マイカー所有するのはきついなと感じる人もいるかもしれません。でも、電車など交通網が整っている首都圏ならまだしも、車社会である地方でマイカーを手放すのは現実的に不可能です。

節約という点で、軽自動車への買い替えはアリなんじゃないでしょうか。軽自動車は小さいと考える人も多いと思いますが、タントのように室内が広いものもありますからね。実際にディーラーへ行ってみて確かめてみると良いでしょう。

おすすめの見積もりサイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり

ソニー損保、アクサダイレクトなど大手を含む最大20社の自動車保険を一括で見積もれます! 最短5分で入力完了、各社の見積もり結果がリアルタイム表示されるので、便利なサイトです。

自動車保険見積もりのインズウェブ