損をしないための自動車保険の選び方

損しない自動車保険の選び方ガイド

あまりわからないまま自動車保険を契約してしまい、いざ保険を使う場面になったら損をしてしまった……。

そんなことがないように、各補償や特約についてご紹介しています。

「十分な補償を受けられなかった……」「十分どころか補償外だった……」
万が一に備えて契約したのに、実際に使えなければ保険の意味がありません。なにも高い保険料を支払っていることだけが損ではないのです。

そういう視点での損をしない自動車保険の選び方を説明しているので、参考にしていただければと思います。

保険料だけでなく、補償内容もよく確認する

現在の主流はリスク細分型自動車保険です。事故発生リスクとなる要素を細分化して、リスクを保険料に反映します。リスクの高い被保険者のほうが保険料は高くなり、リスクの低い被保険者のほうが保険料は安くなります。

リスク細分型自動車保険の普及につれて、自動車保険はパッケージではなく保険商品も細かくなっています。様々な保険や特約などが損保各社で提供されているので、保険料にだけ目を向けるのではなく、補償内容もきちんと確認しましょう。

「保険料だけを考えて自動車保険に加入して、交通事故を起こしてしまった時に補償適用外だった……」なんてことは避けなければいけません。

自動車保険の基本で、どういったところを注意しながら自動車保険を選べば良いのかをまずはザックリと参考にしてください。

自動車保険には様々な保険や特約がある

自動車保険は相手方への補償である対物賠償保険対人賠償保険、自分や同乗者の補償である人身傷害保険車両保険を基本セットで提供している会社が多いです。

これら基本セットの中でも補償限度額をいくらにするかで保険料は変わります。車両保険はなしにするという選択肢もあります。さらに、は他にも弁護士特約や個人賠償責任保険など、様々な保険・特約を付帯できます。

「この保険は必要」「この保険は不要」などと指南しているサイトはたくさんあります。でも、保険に加入する人それぞれで必要な補償内容がまったく同じとはかぎりません。自分がどういう時に補償を受けたいか、その保険の補償内容が保険料に対してメリットがあるかどうかなどを検討して選ぶことが重要です。

くわしくは「保険・特約」カテゴリーをご覧ください。